このエントリーをはてなブックマークに追加   

ストライクHMBとビルドマッスルHMBの違いを徹底比較!

いざHMBサプリを試してみようと思っても、いろいろなものがあります。

 

「HMBサプリを摂るなら、ストライクHMBとビルドマッスルHMBのどちらが良いのか?
この答えを導き出すため、両者の徹底比較を行いました!

 

最初に結論を話しておきますと、私の答えは『摂るならストライクHMB』という結論に達しました。

 

もちろん、飲む人の目的や飲み方、重視する項目によってどちらがおすすめかは変わります。
以下の比較を参考にどちらか自分に合ったHMBサプリをお試し下さい♪

 

 

>>ストライクHMBの最安値通販比較はこちら

 

 

ストライクHMBとビルドマッスルHMBの比較表

ストライクHMBとビルドマッスルHMBに関して、含有成分や購入価格、購入条件、返金保証などの気になる項目を比較しました。

 

商品名

ストライクHMB

ビルドマッスルHMB

商品画像

形状

タブレット

タブレット

内容量

180粒

120粒

HMB含有量

(1日分)

1500mg

1500mg

主なその他成分

クレアチン

BCAA

L-カルニチン

L-グルタミン

など

BCAA

グルタミン

など

原産国

日本

不明

定価

8,980円(税込)

7,900円(税込)

送料

初回:500円(税込)

2回目以降:無料

初回:500円(税込)

2回目以降:無料

定期コース

モテトクコース

初回:送料のみ500円(税込)

2回目以降:35%OFF

5,925円(税込)

送料無料

トクトクコース

初回:送料のみ500円(税込)

2回目以降:25%OFF5,925円(税込)

送料無料

継続期間

4ヶ月

3ヶ月

最低限必要価格

18,275円(税込)

12,350円(税込)

1日あたりの価格

(最低必要価格/継続期間)

152円

137円

返金保証

120日・初回分

90日・全額

数量限定

月500名限定

月300名限定

単品購入

なし

なし

支払方法

クレジット

コンビニ

クレジット

 


ストライクHMBとビルドマッスルHMBの大きな違いとして挙げられるのは、HMB以外の筋力アップに有用な成分の有無と最低必要価格、返金保証です。

 

これらが効果・費用・コスパといった商品選びの観点から見るとどう影響してくるのか?
詳しく見ていきましょう。

 

 

【効果】で比較! ストライクHMB vs ビルドマッスルHMB

 

 

 

ストライクHMBとビルドマッスルHMBの両者ともにHMBだけでなく、他にも筋力アップに有用な成分が配合されたオールインワンのHMBサプリメントであります。

 

一日分の用量として、メインのカルシウムHMBの含有量は1500mgと同じです。
しかし、筋力アップに効果的な他成分が若干異なります。

 

まずビルドマッスルHMBにはクレアチンが配合されていません。

 

クレアチンはワークアウトの際のエネルギー補給に効果的な成分になります。
特に、筋トレのような無酸素運動で最も効率的であるATP-クレアチンリン酸系でエネルギーを生成するときに必要な成分です。

 

クレアチンをHMBと同時に摂ることで、HMB単体で摂ったときよりも実際に筋力増強効果が高かったという結果もあります。

 

クレアチン摂取で筋トレのパフォーマンスを上げることができ、かつ、持続時間も延びるので、筋トレをしっかりすることでより筋力アップが期待できます。

 

なので、より筋力アップ効果を求めるならクレアチンが配合されているストライクHMBの方が有利ということになります。

 

 

また、ビルドマッスルHMBにはL-カルニチンも含まれていません。

 

L-カルニチンは脂肪燃焼に不可欠な成分で、ダイエットサプリにもよく含まれている成分です。

 

筋力アップには直接関わりませんが、脂肪を減らしながら筋肉をつけたいという方に向いてます。

 

運動不足で脂肪がついてしまったところから筋トレを開始される初心者や細マッチョを目指す方にはL-カルニチンが含まれるストライクHMBが良いですね。

 

 

このようにHMB以外の成分でも筋力アップや脂肪燃焼効果が期待できるので、サプリの効果で商品を選びたい方にはストライクHMBの方がおすすめです。

 

ストライクHMBは日本原産というのも嬉しいポイントですね。筋トレの効果を上げてくれるこれらの成分を使って最終的には日本で製造されているので品質も安心できます。

 

 

【費用】で比較! ストライクHMB vs ビルドマッスルHMB

 

 

 

ストライクHMBとビルドマッスルHMBは1回分のHMB含有量は1500mgで同じです。

 

それでは価格に関してはどちらが安く済むのか見ていきましょう。

 

定価としてはストライクHMBが8,980円、ビルドマッスルHMBが7,900円で1080円の開きがありますが、どちらも定期コースでの購入のみとなっていますので月額は5,925円で変わりません。

 

初回分が送料相当のみの500円で2回目以降は送料無料というのも同じです。

 

ですので継続していく場合にはどちらでも費用面の差は全くありません。

 

 

ですが、返金保証の制度については異なるところがあります。

 

ストライクHMBの返金保証は、最低継続条件の4ヶ月間摂取して効果が感じられなかった場合に初回分の500円が返金されます。

 

一方、ビルドマッスルHMBの返金保証は、最低継続期間が3ヶ月で返金保証額は全額の12,350円が返金されます。

 

返金保証額では、ビルドマッスル側に分がありますね。

 

 

価格面で考えると、返金保証で全額返金される分ビルドマッスルHMBの方がリスクが少ないですね。
でも継続使用していく場合には、どちらでも価格差はありません。

 

返金の条件には、毎日摂取する・商品パッケージや納品書を返送するなどの条件もありますので、ご注意下さい。

 

 

【コスパ】で比較! ストライクHMB vs ビルドマッスルHMB

 

 

 

1ヶ月分の含有量は、ストライクHMBが180粒でビルドマッスルHMBが120粒。
で1ヶ月分の費用は変わらないので月60粒、1日2粒分ストライクHMBの方が多く入っています。

 

「1日6粒より4粒の方が飲むの楽でいいな~」という考え方もあるのですが、メインのHMBの量は1500mgで同じです。
では、何が違うのかというとHMB以外の成分量がこんなにも違うということになります。
つまり、クレアチンやL-カルニチンたちです。

 

これらの筋力アップが見込める成分や脂肪を燃焼しやすくしてくれる成分が同じ価格で2粒分多く入っている。
しかも同じ値段で。
これはもうだいぶコスパ高いですよね。

 

クレアチンなんかは、これがメインで出されているサプリもあるくらいで別で購入しようとするとまた同じくらいのお金がかかります。
量は本来もっと摂りたいところですが、それでも配合してくれているだけありがたいです。

 

同じ価格で、実際に粒数が多く、筋力アップもより早くより増強して実感できるはずです。
コスパ比較ならストライクHMBに分がありますね。

 

 

 

ストライクHMBの成分を見てみると別に余分な成分は入っていません。
つまり、筋力アップに効果が見込める成分がこれだけ多く入っているので、筋トレでの効果を促進してくれるはずです。

 

 

総合評価|ストライクHMBとビルドマッスルHMBどちらがおすすめ?

 

 

返金保証という観点で考えたらビルドマッスルHMBが良いでしょう。
しっかり毎日飲んでそれでも効果が感じられなかったら3ヶ月分の費用を全額返金してもらえますからね。

 

でもより効果が出やすい栄養素をHMBにプラスして摂りたい!
本当にオールインワン、これ一つで済ませたい!
という方にはストライクHMBがおすすめです。

 

しっかりHMBを摂取して、継続的にワークアウトを行っていけばより筋力アップの効果を実感できるのは、成分的にストライクHMBのはずなので。

 

ただ、速効性のあるものではなく、理想の体を作り上げるのに早くても3、4ヶ月かかってしまうので思い立ったらすぐ始めた方が良いですよ^^

 

ということで、「ストライクHMBとビルドマッスルHMB摂るならどっち?」という問いに対する私の答えは、「ストライクHMB」です。

 

 

>>ストライクHMBの最安値通販比較はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加