このエントリーをはてなブックマークに追加   

ストライクHMBは他の筋トレサプリと併用可?徹底チェック!

 

 

HMBサプリメントは日本では新しいサプリです。
なので、これから「ストライクHMBを摂ってみたい!」「HMBの効果を確かめたい!」という方が大半なんですね。

 

今まではプロテインやBCAAを摂りながら筋トレしてたけど、「ストライクHMB飲むならこいつらはどうすれば良いの?」と疑問に思いますよね。

 

そんな疑問にお答えすべく、筋力アップのワークアウト時によく摂られているサプリメントとストライクHMBとの併用について徹底的にチェックしてみました!

 

一緒に摂りたいサプリメントから特に不要になるサプリメントまで結果は様々でしたので、是非参考にしてみて下さい。

 

ストライクHMBとプロテイン

ストライクHMBとプロテインは併用できる?

併用可能です!余裕があればプロテインも摂りましょう。

 

新しい筋肉増強成分として、今、HMB(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)が注目されています。
HMBを豊富に含んだ「ストライクHMB」と「プロテイン」を併用することは可能なのでしょうか?

 

おそらくコレ、これからHMBを摂ろうとしているトレーニーが1番気になっている疑問なんじゃないですかね。

 

結論から先に言っておきますと、ストライクHMBとプロテインは併用可能です。
というよりむしろ併用した方が良いです!
併用することで身体への負担も小さく、効果的に筋力アップできますから。

 

併用した場合のデメリットは金銭的な負担は大きくなることですかね・・・。
でも体のことを考えると是非両方摂りたいサプリメントですし、私自身、ストライクHMBの3ヶ月検証が終わってからは頑張って両方摂っています。

 

「金銭的にどっちかしか厳しい・・・」という場合は、筋力アップの効率からストライクHMBをオススメします。

 

 

それではHMBとプロテインの違いから、何故この2つを併用した方が良いのか説明していきますね。

 

HMBとプロテインの関係はこのようになっています。

 

プロテインがロイシンに分解され、そのロイシンが代謝してHMBが生成されます。
上の図では、簡易的に描かれていますが、もう少し詳細に言うと、
プロテイン⇒ぺプチド⇒アミノ酸
アミノ酸の中のロイシン⇒HMB

と段階的に分解・生成されていきます。

 

つまり、プロテインとHMBの関係は、「プロテインが分解していって変化した成分のうちの一つがHMB」で、「HMBを生成する大元の材料がプロテイン」ということになります。

 

効率よく速く筋力をアップさせたい場合には、プロテインよりも筋肉の分解抑制と超回復が期待できるHMBを直接摂る方が圧倒的に早いです。

 

「それじゃあプロテインは必要ないじゃないか」となりそうですが、プロテインの良いところは食事から摂るしかない必須アミノ酸を全種類しっかりと摂ることができる点です。

 

ワークアウトをすると体に大きな負荷をかけるため、筋肉だけでなく免疫系やホルモンバランスにまで影響を与えます。
HMBを摂取して筋肉のケアはしたとしても、免疫やホルモンといった体全体の回復まではケアしきれません。

 

プロテインはビタミンCと結合して抗体を作り出したり、ホルモンの材料になったり、もちろん筋肉の材料でもあるので、よりしっかりした肉体づくりには必要なんです。
これが私がストライクHMBとプロテインの併用をおすすめする理由です。

 

どちらかしか購入する余裕がない人は、ストライクHMBがおすすめです。
ストライクHMBにもロイシン以外のアミノ酸も何種類も含まれているんでプロテインまではいかないまでもある程度しっかり肉体の回復ができますし、なんと言っても筋肉増強に関してはHMBの方がショートカットできますからね。

 

 

ストライクHMBとBCAA

ストライクHMBとBCAAは併用できる?

併用できますが、BCAAは無理して摂る必要はありません。

BCAAも筋力アップの定番サプリとして多くのトレーニーに飲まれているサプリですね。
それでは「BCAAはストライクHMBと併用できるのかどうか?」チェックしていきましょう。

 

BCAAはロイシン・イソロイシン・バリンの3種類の必須アミノ酸のことで、筋トレ時の筋肉分解抑制と疲労回復に効果のある成分です。

 

BCAAとストライクHMBの併用に関しては、「全く問題ありません」というのが回答になります。
そもそもストライクHMBにBCAAは配合されてますし、ロイシンは代謝してHMBにもなってくれます。

 

筋力アップの助けになってくれますので摂れるなら摂りたいサプリではありますが、ワークアウト時の筋肉増強・疲労回復についてはストライクHMBの成分で賄えますので無理して飲む必要はありません。

 

BCAAはトレーニーたちの間で実績があり飲んでいる人が多いですが、HMBも時間が経ってもう少し日本で認められてくると移行されてくるのではと予想しています。

 

また、BCAAに限らず、プロテインなどでタンパク質を摂取する場合に過剰摂取してしまうと肝臓や腎臓に負担を掛けてしまうので注意が必要です。

 

ストライクHMBとクレアチン

ストライクHMBとクレアチンの飲み合わせは?

相乗効果が期待できます。クレアチンは是非一緒に摂りたいサプリメントです。

クレアチンも筋トレサプリとしてトレーニーの間ではかなり使用されているサプリメントです。
ストライクHMBとクレアチンは併用して問題ないか見ていきましょう。

 

クレアチンは、肝臓や腎臓でアルギニン・グリシン・メチオニンという3種類のアミノ酸から合成される有機酸です。

 

クレアチンはストライクHMBにも配合されており、同時に摂取することは問題なく、併用可能です。

 

人が運動するときにはアデノシン三リン酸(ATP)から発生するエネルギーを必要としますが、このATPを合成する回路にATP-クレアチンリン酸系というものがあります。

 

名前からわかるように、この回路でエネルギーを発生させるのにクレアチンが使われます。
他にもATPを合成する回路はあるのですが、このクレアチンを利用した回路でのエネルギー産生が、筋トレのような無酸素運動時には最速で最大なんです。

 

なので、ワークアウト時にこのクレアチンをしっかりと摂っていることで必要なエネルギーを生産し続けられるので、摂らない場合と比べて、より強度の高いトレーニングを長時間続けることができるようになります。

 

クレアチンはストライクHMBにも1回分に10mg配合されていますが、アスリートが摂取している量に比べて正直かなり少ないので別サプリとして摂取するのが望ましいです。

 

ストライクHMBは、HMBがメインなので、高強度のワークアウトを行うためのエネルギーを供給してくれる、役割の違うクレアチンを別途摂取できると相乗効果が期待でき、より筋肉量が増加しやすくなるので是非一緒に摂取したいサプリメントです。

 

 

ストライクHMBとビタミン&ミネラル

ストライクHMBとビタミン&ミネラルの組み合わせは大丈夫?

併用は問題ありません。ビタミン&ミネラルのサプリは一緒に飲めると良いですね。

ビタミン&ミネラルは一見、筋力アップには関係なさそうなサプリと思われるかもしれません。
でも実は多くのトレーニーがサプリで摂取している成分でもあります。

 

ビタミンやミネラルは生体内で合成できないため、必須アミノ酸と同様、食品から摂取する必要があります。

 

ストライクHMBにはビタミンやミネラルは配合されていませんが、併用は可能です。
HMBの持つ成分の役割を邪魔するようなことはありません。

 

「ビタミンやミネラルって筋力アップにどう関係しているのでしょう?」
ビタミンやミネラルは直接筋肉の材料になったりすることはありませんが、タンパク質の代謝などで筋肉アップに大きく関わるものもあります。

 

その代表例がビタミンB6です。
ビタミンB6はタンパク質の代謝に必要になります。
ビタミンB6が欠乏すると、タンパク質の酵素のはたらきが低下し、代謝機能が鈍くなります。

 

厚生労働省の国民栄養調査のデータでは、ビタミンB6の一日の所要量に対して75%しか摂取できていません。
ミネラルも不足しがちな成分なので、ビタミン&ミネラルは一緒に摂れるとうれしい成分です。

 

 

ストライクHMBとカルニチン

ストライクHMBとカルニチンは併用して大丈夫か?

大丈夫です。カルニチンはダイエットなど脂肪燃焼効果を促進させたい時にプラスするのが◎

カルニチンは、脂肪の代謝に不可欠な成分で、脂質を燃焼してエネルギーを産生するのに関わるため、ダイエット系のサプリによく含まれています。

 

ストライクHMB中にもカルニチンは含まれているため、ストライクHMBとカルニチンサプリを併用しても問題ありません。

 

カルニチンは、生体内で合成されますが、10-20mgと微量です。
ラム肉や牛肉の赤身に多く含まれているのでこれらを食べると効率良く摂取できます。

 

しかし肉で摂るとどうしても脂も多く同時に摂れてしまうため、脂肪もしっかり燃焼させてダイエットもしたいという時には不向きです。

 

ストライクHMB1日分で生体で1日に合成される量と同じ20mgを摂取できるので、ちょっと脂肪燃焼もケアした程度であればストライクHMBだけで十分です。

 

ダイエットをメインの目的で筋トレを始めた人だけカルニチンのサプリを追加で摂取して脂肪燃焼効果を上げていけば良いと思います。

 

 

ストライクHMBと筋肉サプリの飲み合わせまとめ

ストライクHMBと併用できるかについて、「プロテイン」「BCAA」「クレアチン」「ビタミン&ミネラル」「カルニチン」との相性を確認してきました。

 

筋力アップのワークアウトを行う際に、よく摂られるサプリにフォーカスを絞ってみてきましたが、ストライクHMBは基本的には栄養補助食品なので、過剰摂取にだけ気を付ければどんなサプリとでも飲み合わせには問題ありません。

 

ストライクHMBは筋肉増強に有用な様々な成分が配合されているオールインワンサプリなので、筋トレさえしていれば基本的にはこれひとつで十分な筋力アップの役に立つことが期待できます。

 

さらに、筋肉の分解抑制効果を上げたい、筋トレの強度を上げてもっと筋肉の増強を図りたい、ダイエット効果を上げたいなど、+αが必要な場合に用途に合わせたサプリを追加で摂取することをおすすめします。

 

参考までに、ストライクHMBにプラスして摂りたいサプリの優先順位を挙げておきます。

 

  1. クレアチン
  2. プロテイン
  3. ビタミン&ミネラル
  4. BCAA
  5. (ダイエット時)カルニチン

 

まずはストライクHMBから試しましょう!
ストライクHMBを飲みながら筋トレして何か足りないと感じるならば、適宜必要なサプリを適量追加していきましょうね。

 

 

>>ストライクHMBの最安値通販比較はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加