このエントリーをはてなブックマークに追加   

ストライクHMBの効果をしっかり出す正しい飲み方徹底解説‼

 

 

ストライクHMBはサプリメントです。

 

ただ飲むだけでも配合されている成分の補給はできますが、筋力アップという効果をしっかり出すためには飲み方も多少の注意が必要です。

 

「ちゃんと飲んでいるのに思ったような効果が出ない」という場合、飲み方を再度見直した方が良いかもしれません。

 

そこで、今回はストライクHMBの正しい飲み方について徹底解説していきます。

 

せっかくのHMBサプリなので成分の恩恵をしっかり受けて筋力アップに繋げましょう!

 

 

飲み方の前に!筋トレはしましょう

正しい飲み方は大事なのですが、その前に大前提として、筋トレは必要です。
ストライクHMBは飲めば筋力がアップしたり、体が引き締まったりするようなサプリではありません。

 

 

ストライクHMBはワークアウトでダメージを受けた筋肉が分解されるのを抑制し、回復を促進させられる栄養素を含んだサプリです。
なので、筋トレをしないとその分解抑制の効果も回復促進の効果もほぼ意味のないものになってしまいます。

 

逆に筋トレをしっかりしているトレーニーの方、継続的な筋トレを始めようと思っている方にとっては、正しくストライクHMBを摂取することで効果的な筋力アップが期待できます。

 

一に、筋トレ
二に、ストライクHMBです。

 

 

ストライクHMBは1日に何粒飲めばよい?筋トレしない日も飲むの?

ストライクHMB1袋には錠剤が180粒入っています。
これが1ヶ月想定なので1日6粒が目安になりますね。

 

効果の体感度によって量を調整して、自分に適した量を見つけていく必要はあると思いますが、最初の1ヶ月はまず1日6粒で試すのがオススメです。
これは知識も経験もデータも持っているメーカーがストライクHMBの成分の配合バランスと効果を考えて出した最適解のはずなので。

 

「1日6粒を毎日飲む!」
これが理想的な飲み方です。倍飲んでも効果は倍にはなりませんのでご注意を。

 

 

ストライクHMBの効果を最大にするためには、しつこいですが、筋トレが必要です。
つまり、筋トレも毎日する必要があるということになりますね。

 

鍛えたい全部位を毎日ワークアウトをしてしまうと体もキツイですし、超回復もできません。
なので私は、「スクワット」「ベンチプレス」「懸垂」を3日に1回のローテーションで週2回行い、1日は完全休養日というサイクルで回しています。

 

1日筋トレしないでストライクHMBを飲む日がありますが、前日までの筋トレによる筋肉の分解抑制と超回復の促進のために摂取しています。
毎日の継続習慣にすることで飲み忘れの防止にもなりますしね。

 

「毎日のようには筋トレできない」という方もいると思います。
その場合は、毎日ストライクHMBを飲んでもちょっともったいないので筋トレをする日だけか、その翌日も飲むという感じにするのが良いと思います。

 

あくまでも筋トレとストライクHMBはセットで考えましょう。

 

 

ストライクHMBを飲むタイミングは?

さて、いきなりですがここで問題です。

ストライクHMBはどのタイミングで飲むのが最も効果的でしょうか?

 

①筋トレの前
②筋トレの最中
③筋トレの後

正解は①「筋トレの前」

それでは、ここからストライクHMBが筋トレの前に飲むのがベストな理由について解説していきます!

 

ストライクHMBが筋肉増強サプリとして効果が期待できる最大の理由は・・・
その『筋肉分解抑制効果』にあります。

 

通常、ワークアウトによってダメージを受けた筋肉は分解され、超回復して元の筋肉より少し筋力がアップします。
一方、ストライクHMBは、この筋肉の分解をなるべく抑制して超回復することで通常より格段に筋肉を増強させるという仕組みです。

 

なので、最も筋肉の分解を抑制できるタイミングでストライクHMBを摂取することが必要なんですね。

 

プロテインを摂っている方は筋トレ後30分以内のゴールデンタイムに飲んでいると思いますが、ストライクHMBは逆です。

 

筋トレを開始して筋肉の分解が始まってしまう時には、体内にHMB・BCAA・L-グルタミンといったストライクHMB中の筋肉分解抑制成分が既に待機している状態にしておかないといけません。

 

ですので、筋トレの前、できれば30分前にはストライクHMBを飲んでHMBたちをスタンバイさせておくのがベストな飲み方になります。

 

 

とは言うものの筋トレ前に飲む時間がなかったり、飲むのを忘れたりもするかと思います。
その場合はワークアウトの最中に飲むというのでも構いません。
ストライクHMBの恩恵を100%とはいきませんが、十分に効果は実感できます。

 

また、ワークアウトを1時間など長時間やる場合であれば、あえて中間の30分経過時に摂取するというのも有効な飲み方になります。

 

私は筋トレをしない休養日が1日ありますが、その日は筋肉の超回復を促す効果を期待してちょっと早めのお昼に飲んでいます。

 

 

ストライクHMBの飲み方は、基本は筋トレ前、ワークアウトのプランによっては筋トレ最中でも可というように覚えておいてください。

 

 

水かぬるま湯で飲みましょう

 

 

サプリメントは補助栄養食品です。
ですので医薬品のように水やぬるま湯で服用しないとダメというのは本来ありません。

 

しかし、水かぬるま湯で飲むことを心がけましょう。

 

ストライクHMB自体にも様々な成分が入っており、複数の成分が相乗効果を持つように考えられて配合されています。
その有用性を見るためにはやはり水でデータを取っているでしょうし、他の飲み物の成分とは摂り合わせが悪い場合もあります。

 

せっかくの筋肉増強効果が摂り合わせが悪くて弱まってしまったらちょっともったいないですよね。
より早く理想の体型に近づけるよう水で飲むようにしましょう。

 

ぬるま湯にするとストライクHMBの錠剤が少し早く溶けるようになります。
飲むのが筋トレの直前になってしまった場合などは吸収を早めるためにぬるま湯にするのもおすすめです。

 

お湯沸かすのが面倒ですけどね。

 

 

ストライクHMBの飲み方の解説は以上になります。
正しく摂ってどんどん筋力アップさせていきましょう!

 

 

>>ストライクHMBの最安値通販比較はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加